IPS第2創業期宣言および役員人事に関するお知らせ

2014/11/05
  • ニュース

各 位

2014年11月吉日
株式会社インターネットペイメントサービス

クレジットカード決済などの決済代行サービスを提供する株式会社インターネットペイメントサービス(会社所在地:東京都品川区、以下「IPS」)は、2001年の創業以来、ウェブ決済代行業者のパイオニアとして、eコマース市場の拡大に伴い成長を続ける数多くのECサイト運営企業様をサポートしてまいりました。
IPSは、ECサイト運営企業様の幅広いニーズに応えるため、多通貨決済や中国市場向け決済、継続課金、口座振替簡単登録など、業界に先がけて革新的なサービスを開発、提供してまいりました。おかげさまでIPSは、数多くのECサイト運営企業様にサービスをご利用いただき、その結果、創業以来、お客様とともに順調に成長を果たすことができました。これもひとえにIPSをご利用いただいているECサイト運営企業様の支えがあってこそ、と心より感謝申し上げます。これからも創業の精神を大切にしながら、めまぐるしく変化するECサイト運営企業様の多様なニーズに応えてまいりたい所存です。

近年、インターネットの世界では、squareやcoineyなどのスマートフォン決済をはじめとする、様々な新しいテクノロジーやビジネスモデルが登場しており、決済市場を取り巻く環境にも大きな変化が起こっております。このような環境下、IPSは、ワールドワイドに通用する時代を先取りした革新的なサービスを世に出すべく、本日以降をIPSの「第2創業期」と位置づけることといたしました。ここに、経営陣を刷新して経営のスピードアップを図るとともに、全社一丸となって自ら企業変革を遂げ、ECサイト運営企業様にとって、より便利で使いやすいサービスを提供していくことを宣言いたします。

新経営陣には、創業以来一貫して強いリーダーシップを発揮しIPSの経営基盤をつくってきた朝田篤に替わり、呉英仁が新社長に就任します。
呉英仁は、早稲田大学在学中の1983年に学生起業家として事業を起こしたのをはじめ、その後も時代の変化とニーズに応える複数の企業を経営してまいりました。このたびIPSの新社長に就任する前においては、大規模なウェブサイトに適したオープンCMSの代表的な開発企業である株式会社ユビキャストを2003年に創業し、代表取締役として多くの実績を残しております。

また、実質的なIPSの創業メンバーのひとりである中尾周平は、専務取締役COO(最高業務責任者)に昇格し、引き続き業務全般の陣頭指揮を取ることになります。中尾周平は、決済業界において10年の経営実績を誇る国内でも数少ない経験と知見を有する逸材です。IPSでは、営業やアクワイアリングなどの主要業務を統括するだけでなく、決済システムの信頼性を担保するためのPCI DSSの認証を取得するプロジェクトを主導してまいりました。これからも中尾周平を中心にECサイト運営企業様のご期待を上回るサービスを開発するとともに、IPSのサービスを安心してお使いいただくための信頼を確保する活動を強力に推進してまいります。

さらに、佐々木宏和をIPSの取締役CIO(最高情報責任者)として迎え入れることになりました。佐々木宏和は、日本オラクル株式会社およびオラクルコーポレーション米国本社でエンジニアとして活躍した後、オラクルコーポレーションの同僚とともに米シリコンバレーで起業するなどIT業界において豊富な実績を誇る人物です。これにより、IPSの経営基盤の根幹をなす決済システムの安定性をより一層強化し、技術開発のスピードアップを図ることが可能になります。
なお、朝田篤は、引き続き取締役として残り、新経営陣に対して適切な助言をしてまいります。

関係者のみなさまにおかれましては、IPSの第2創業期を迎えるにあたり、今後とも今までの変わらぬご指導ご鞭撻の程をどうぞよろしくお願い申し上げます。

次の記事
OpenCmsページをリニューアル
前の記事
「早出勤制度」を導入いたしました