「早出勤制度」を導入いたしました

2014/09/24
  • ニュース

 クレジットカード決済などの決済代行サービスを提供する株式会社インターネットペイメントサービス(会社所在地:東京都品川区 代表取締役:朝田 篤 以下「IPS」)は、社員の就業時間後の充実した余暇時間の活用へのサポートを目的に、「早出勤制度」を新設し、2014年 9月1日より導入致しました。

 本制度は、勤務開始時刻と勤務終了時刻を社員が自己申告することで、平日の余暇を有益に過ごすことを推奨し、また、社員の自発的なタイムマネジメント力の育成を目的とするものです。
 働きやすい職場環境への取り組みや働き方の選択が注目を集める昨今、当社は今出来る範囲の柔軟度を持って、社員のワークライフの充実に貢献していく所存です。

<早出勤制度の概要>
1.適用対象者:
  固定時間勤務の対象となる従業員
2.適用のルール:
  社員の8時間勤務体系は堅持
  30分刻みの前倒した始業時間の就労3シフトを設定する(8:00、8:30、9:00)
3.導入日:
  2014年9月1日

 

以上

 

 

次の記事
IPS第2創業期宣言および役員人事に関するお知らせ
前の記事
OpenCms 9.0.1 日本語版リリース